地方選挙に伴う酒類販売禁止?

Pocketに保存

はてなブックマーク

こんばんは。
カンボジアは本日6月3日に地方選挙が行われました。
連日選挙カーなどがうるさかったのですが、ひとまず落ち着きそうです。
さて今回の選挙に向けて困った辞令が出ていました。
「選挙前後の6月1日深夜〜3日深夜まで酒類の販売・飲酒の禁止」という、カンボジアでは前代未聞のもの。
当初から「まあ、なんだかんだとなし崩しになるだろう」と見込んでいたのですが、最後まで心配でした。
だって第2回ドリフナイトがまさに日程のど真ん中、そしてドリフに酒は欠かせませんから。
気がついたらそんなことすっかり忘れて普通に酒飲みながらドリフが始まり、みんなで爆笑しながら見てましたが。
この間、誰からもどこからも何の咎めもなく、本当にすっかり辞令を忘れ。
結局パブストリート一帯やツーリスト用のレストランはいつも通りの営業だったようです。
杞憂に終わった「禁酒令」でしたが、いつなん時また同じようなことがあるのでしょうね。
今回はローカルのビアガーデンやカラオケ店が対象となっていたと後日人から聞きました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocketに保存

はてなブックマーク

Written by 狐塚 芳明

大学休学して1年バックパッカー⇒卒業後の24歳でカンボジア移住してそのまま在住20年。 アンコールに来た際はお立ち寄りください。 ギブソンES125TCD,ジャックダニエル,ベンツW123,W110,W121,水槽,池袋,猪木,田口スピーカー。 ロック,ブルース,松田聖子,とか。