RL−ロバートジョンスンを読む Reading Robert Johnson

Pocketに保存

はてなブックマーク

I went down to the crossroads, fell down on my knees.
Asked the lord above for mercy, “Save me if you please.”

みなさんこんにちは。

先日、「RL−ロバートジョンスンを読む」日暮泰文(P−Vine Books)を読みました。
今年生誕100周年だったそうで、なかなか気合いの入った読み物になっています。
ロバートジョンスンといえば、エリッククラプトン、ローリングストーンズ、ボブディラン、ジョージソログッドなど歴代の大物ロック歌手が尊敬し、その音楽性に取り憑かれてきたと言われるデルタブルースのキング。
音楽で収入を得る以外は重労働のプランテーションで働くしかなかった時代、十字路で悪魔と取引をし、魂を売る代わりにギターの技術を得たと言われた「クロスロード伝説」。
その後急激に腕を上げてレコードデビューまでしたものの、まだまだ全盛だった26歳にして毒を盛られ死んでしまった短命な天才でした。

なんてクールないでたち!
高校生のときに初めて聞いたときは本当に衝撃。
伝説もさることながらギター一本でのブルースの叫びは何かぞくっとするものがあったんです。

生誕100年か。
どうしてもそのクロスロードを見たくて、去年アメリカ南部を旅行したんです。
僕なら十字路で何を引き換えに魂を売ろうか。

この本を読んで、すごくスピリチュアルな岐路に立たされた気が

Pocketに保存

はてなブックマーク

Written by 狐塚 芳明

大学休学して1年バックパッカー⇒卒業後の24歳でカンボジア移住してそのまま在住20年。 アンコールに来た際はお立ち寄りください。 ギブソンES125TCD,ジャックダニエル,ベンツW123,W110,W121,水槽,池袋,猪木,田口スピーカー。 ロック,ブルース,松田聖子,とか。